元気に快適に旅するために、用意しておきたいグッズ

せっかくお金と時間をかけて出かける旅行は、元気にしかも快適に楽しみたいものですよね。実は健康管理に役立つグッズは、快適な旅の実現に役立つものが多いのです。たとえばひざ掛けは冷房や寒さに弱い方の健康管理にお勧めですが、バスや自家用車の中で寝ていく時、布団代わりにもできますし、畳んで座布団の代わりにもできます。マスクも風邪や花粉症対策だけではなく、乾燥する時期や風の強い時期に喉の潤いを保てるので快適に過ごせますし、公共交通機関やツアーバスで寝る場合に寝顔を全て見られずに済むという便利さもあります。自分だけの為に温度調節がしづらい公共交通機関を使う場合には、使い捨てカイロや発熱した時に使う冷却シートがあると便利です。冷却シートは急に熱が出た時だけでなく、移動手段の暖房が暑くても変えようがない時や、急に日差しが強くなって暑く感じる時に使うと、とても快適に過ごせます。

旅をより楽しむために、用意しておきたいグッズ

まず用意しておきたいのが、スマホや携帯の充電器や予備のバッテリー、カメラの電池や予備の記録媒体です。旅先での情報収集や大切な記録を残すために大活躍する機器ですから、しまった!充電器れだ!となる前に多めに持っていくのがおすすめです。泊りがけの場合は普段使い慣れている充電器を持参しましょう。次に飲食物です。旅先で飲食するからいらないのでは?と思いがちですが、移動中喉が渇いた時、少し疲れてきた時にわざわざ買い足さなくても済みますし、手軽なリフレッシュ手段にもなります。食べ物はそれだけで満腹にならないよう、個包装のチョコやガムなどにしましょう。最後におすすめするのが大きめのエコバッグです。特に立ち寄り地が複数あり、公共交通機関で移動する場合は、立ち寄り地ごとにお土産の袋ができても、エコバックに入れれば荷物をひとまとめにできるため、とても便利です。自家用車で出かける際も、車から家まで楽々運べます。